ジュエリーコンシュエルジュ
NAO
ジュエリーは単なるアクセサリーではなく財産価値があり、思い出も一緒に共有するものです。私はオリジナルのジュエリーを通してあなたと大切な方の思い出の一ページを演出するお手伝いをします。 ※LINE無料相談はこちらから
\ Follow me /
ジュエリーや石の種類や違い

コスチュームジュエリーとは通常のジュエリーと何が違うの!?

NAO
NAO
こんにちは。がっつり読書にはまっているジュエリーコンシュルジュのNAO(@garland_style)です。

今回のテーマは、コスチュームジュエリーとは通常のジュエリーと何が違うの!?です。
コスチュームジュエリーという言葉自体、聞いたことがないという方も多くいらっしゃるかと思いますので、その辺りのご説明もしていきますね。あくまで私なりのお答えになりますのでご了承くださいませ(笑)

コスチュームジュエリーの成り立ち

コスチュームジュエリーの始まりは、ココシャネルの時代辺りから始まっていると思われます。アクセサリーを財産を表現するためのアイテムではなく、社会的に自立した女性が自分のアイデンティティを表現するため、ファッションを能動的に自由に楽しむために作られた、とても合理的で遊び心のあるものだったと考えられます

あのシャネルのアイコンともいえる、ツイードのジャケットとパンツスタイルに、まるで衣装のごとく胸元を覆うように輝いているパールの大小の連は、今なお色あせることなく、多くの女性達をドキドキさせていますね。ただ、このヨーロッパで始まった頃はまだ、本物の代用品、フェイクジュエリーという感覚も色濃く残っていたようです。

そこからコスチュームジュエリーはアメリカにも広がっていき、舞台やお芝居の中でより華やかで舞台映えす演出をするためのアイテムとしても広まっていきました。合理的なアメリカでは、ハリウッドスターや大統領夫人などがこぞって身につけたことで堂々と市民権を得て世界中に広がっていきました。

NAO
NAO
欧米の女性は体格がとても良いので、ファッション性を追求していくとアクセサリーも必然的に大振りなものが必要になってきます。ですが、本物の貴金属や宝石はかなりの重量がありますので、アクティブに働く女性には重すぎますし、何より莫大な費用も必要になってきます。そこで、華やかでボリュームがあって価格の手頃なコスチュームジュエリーがピッタリだったのかもしれませんね。

コスチュームジュエリーと通常のジュエリー(ファインジュエリー)との違いについて

では、通常のファインジュエリー(貴金属品)とコスチュームジュエリーの違いはどんなところにあるのでしょうか?簡単にまとめたものがこちらになります。

コスチュームジュエリーと通常のジュエリーとの違い

本物の貴金属を使っていない。
本物の宝石を使っていない。
大振りでも軽くて着けやすい。
人工的に着色できるので色が鮮やかで華やかな演出ができる。
細部まで丁寧に作られた1点ものが多く、アートな一面も持つ。
金や宝石のように素材に価値を見出すのではなく、デザインに価値をみいだしたものである。

NAO
NAO
簡単に言うと、コスチュームジュエリーとはファッションに特化した工芸品、と言う感覚に近いかもしれませんね。

いかがでしょうかコスチュームジュエリーとは通常のジュエリーと何が違うの!?のテーマでお話ししていますが、少し参考にしていただけましたでしょうか?
ここからはもう少し、コスチュームジュエリーの奥深さや現代のコスチュームジュエリーについても見ていきますね。

コスチュームジュエリーの種類

コスチュームジュエリーとひとことで言っても、実は色んなブランドがあり、それぞれに特徴があります。ここでは簡単にメジャーなブランドだけをご紹介していきます。

シャネル

皆さんご存知のあの超有名ブランドですね。もちろんファインジュエリー(本物の貴金属と宝石で作られたジュエリー)もありますが、シャネルのコスチュームジュエリーの歴史は冒頭の説明でも出たとおり大変古いものになります。パールが何重にも連なったネックレスが特に有名です。

クリスチャンディオール

クリスチャンディオールも皆さんがご存知の有名なメゾンですが、シャネルと比較すると、動物や植物などを表現したロマンティックなデザインが多く、色使いも鮮やかです。

トリファリ

イタリアからアメリカに渡って人気を博したブランドで、パールを多用したデザイン性の高いブローチなどが有名です。コスチュームジュエリーの中でも金属が地厚で経年劣化を起こしにくいと言うところも人気だったようです。

ミリアムハスケル

こちらはコスチュームジュエリー界でも別格と言っても過言ではないかもしれません。今なお、アンティークのコレクターだけでなく、普通のファッション感度の高い人たちの間でもニーズが高いブランドです。そのニーズの高さから復刻版として現代も当時を彷彿とさせるデザインが製造されています。ただ、やはりその当時の100を超えるパーツを重ねて作る途方もない緻密な作りの再現はやはり不可能ですね。

他にも色々なコスチュームジュエリーのブランドはありますが、アンティークショップやヴィンテージショップなどに行くと、当時の品物を見ることができます。また、ヨーロッパやアメリカのビンテージショップや蚤の市などでも見ることができます。

現代のコスチュームジュエリーと昔のコスチュームジュエリー

もちろん、現代でもコスチュームジュエリーは作られています。現在ではステイトメントジュエリーという表現で、ジュエリーという感覚もありつつ、洋服のように存在感があり、その人のパーソナリティや個性を主張するようなジュエリーがあります。素材もビーズやプラスチックガラスなど制限がなく多様性が増しています。

そしてそれ以外では、いわゆるファインジュエリーをそのまま安価な合金や合成石で模造して作ったジュエリーもアクセサリーという表現で販売されています。まだ本物が買えない若い女性やアクセサリーに無駄にお金をかけたくないという価値観の女性、海外旅行などで盗難が心配な女性など、コスチュームジュエリーの需要も様々に変化しています。

コスチュームジュエリーまとめ

いかがでしたか、コスチュームジュエリーとは通常のジュエリーと何が違うの!?のテーマでお話ししていましたが、私はもともと洋服や小物デザインなどもしていた関係で大変興味深いテーマでもあったので、意外と盛り沢山な内容になってしまいました!

NAO
NAO
時代は常に変化していて、装飾品に対する価値観もこれからもどんどん変わっていくと思います。でもどんな時代になっても、美しいものや心のこもったものが人の気持ちを動かすというところは変わらないと思います。なのでそんな変化も楽しみながら、これからもジュエリーと末永くお付き合いして行きたいな、と思いました。

ジュエリーのメンテナンスやオリジナルジュエリーのご相談、その他ご質問ご相談など、なんでもこちらへお問い合わせくださいね。

ABOUT ME
ジュエリーコンシェルジュNAO
ジュエリーは単なるアクセサリーではなく財産価値があり、思い出も一緒に共有するものです。私はオリジナルのジュエリーを通してあなたと大切な方の思い出の一ページを演出するお手伝いをします。
ジュエリーコンシェルジュNAOへのLINE無料相談


ジュエリーやアクセサリーなどについてのどんなご相談にもあなたの状況に合わせて無料でお応えさせていただきます。
どんなご相談にもジュエリーコンシェルジュとしてお答えさせていただきますのでお気軽にご相談くださいませ。