ジュエリーのメンテナンス

100均のシルバー磨き用クロスでプロ並みの仕上がり!?プロ直伝のシルバー磨き用クロス(布)の使い方 

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=”maru”]こんにちは。カレーの具材は白菜が最高!ジュエリーコンシェルジュのNAO(@garland_style)で-す![/chat]

100均のシルバー磨き用クロス(布)でプロ並みの仕上がり!?プロ直伝のシルバー磨き用クロス(布)の使い方

[chat face=”アイコン15.png” name=”ランちゃん” align=”left” border=”red” bg=”none” style=”maru”]シルバーのアクセサリーってすぐに黒ずんじゃうから
100均で買ったシルバー磨き用のクロス(布)を使って磨いてるんだけど、
思ったように綺麗にならないし、またすぐに黒ずんじゃうのよねえ。[/chat] [chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”right” border=”gray” bg=”none” style=”maru”] そうなんですよね〜。
シルバー磨きって簡単そうに見えて実はちょっとしたコツがあるんです。

今日はそんなシルバー磨き用クロス(布)を効果的に使う方法と綺麗を長持ちさせる保管方法をお教えします。

あなたの職人魂が、これをキッカケに目覚めるかもしれません!(笑)[/chat]

STEP1
本当のシルバーかどうかを確認する

銀色をしている金属が全てシルバーとは限りません。
シルバー磨き用クロス(布)はシルバー黒ずみをキレイにするための物なので、
まずはそれが本物のシルバーかどうかを確認しましょう。

シルバーかどうかを確認するには下記の2点をチェックしてみてください。

【シルバーかどうかを確認する方法】

①磁石に反応しないかどうか?
〜磁石に反応する金属はシルバーではありません。

②シルバーの刻印があるかどうか?

[chat face=”アイコン3.png” name=”先生” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”] シルバーの刻印も国やブランドによって様々な種類があります。
下記のような刻印が確認できれば本物のシルバーと考えて良いでしょう。[/chat]

シルバー刻印の種類

【silver】
【SV】(silverを略した表記です)
【925】 (純銀を1000分率で表したもので、925/10000が銀である=純度が高いという意味です)
【Sterling】(上記の925/1000のシルバーのことをスターリングシルバーとも呼ぶため、このような刻印がされていることもあります。)

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]銀製品かどうかを確認できたところで、
下記のシルバー磨きの道具を用意して
早速【プロ直伝のシルバー磨き】に取り掛かりましょう![/chat]

STEP2
用意するモノ

①シルバー磨き用クロス
②メガネ拭き用クロス
③お掃除用 手袋
④爪楊枝

[chat face=”アイコン3.png” name=”先生” align=”left”border=”blue” bg=”none” style=”maru”] 【シルバー磨き用クロスとは?】
シルバー磨き用クロスはフェルト素材でできていて、
シルバーの黒ずみを研磨するための薬品が染み込ませてあるので、
触るとネットリとした質感があります。

最近は、シルバーやゴールドなどの素材に関係なく、金属専用の研磨用クリーナーというものの方が多く出回っているようですが、効果は同じですので、同じやり方でクリーニングしても問題ありません。

[/chat]

STEP3
プロ並みに仕上がるシルバークロスの使い方

1 手が汚れないようにお掃除用手袋をします。

2 シルバークロス(布)をテーブルに置いて、シルバーアクセサリーを手に持ちクロスに擦るように磨いていく。
※テーブルが汚れないように、クロス(布)の下に何か敷いておいた方が良いでしょう。

[chat face=”アイコン3.png” name=”先生” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”] なんてことないように思いますが、
実はコレがプロの技なのです!

殆どの方がメガネレンズを拭く要領でクロス(布)の方を持ちがちですが、
そのやり方では磨ける場所磨けない場所のムラが出てしまい、
無駄に時間かかってしまいます。

やってみるとわかりますが、
クロス(布)の方をテーブルに置いて、シルバーを擦り付けるようにすると
本当に早く、ムラなく綺麗に仕上がるのです![/chat]

3 曲面はカーブを描いて転がすようにして全面にシルバークロスが当たるようにする。

4 凹凸のある部分は爪楊枝にシルバークロスを巻き付け、爪楊枝の先で凹部分を磨く。

5 チェーン部分はシルバークロスで挟んで摘み、表裏をひっくり返しながら何度も引っ張る。

6 最後はシルバークロスを親指にあてがい、指の腹の弾力を使って細かい凹凸に当てていきます。

7 全て磨き終わったら、キメの細かい布(メガネ拭き用の布など)で研磨剤をキレイに拭き取ります。

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”] こんなにラクに短時間で黒ずみがとれて、しかもツヤまで出るなんて驚きですよね!
ちょっとしたクロスの使い方や持ち方の違いでここまで時短でキレイになるなんて、
やっぱり職人技はすごいですね![/chat]

100均のシルバー磨き用クロス(布)でプロ並みの仕上がり!?プロ直伝のシルバー磨き用クロス(布)の使い方 如何ですか?
ちょっとしたコツですが、知ってると知らないのとでは仕上がりが大違いの裏ワザです。
是非、試してみてください。

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”] 最後に、せっかく綺麗になったシルバーを
少しでも長持ちさせるための保管方法をお教えします。

単純なことなのですが、やるとやらないのとでは
大きな差がありますので是非、面倒がらずに習慣にしてみてく下さい。[/chat]

STEP4
シルバークリーナーの仕上げと、黒ずみにくく長持ちする保管方法

1 ジップロックに入れます。

2 空気を出来るだけ抜きます。

3 できればジップロックを二重にします。

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”right” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]

以上!(笑)

ポイントはただひとつ、空気に触れないようにすること。
それだけです!

[/chat]

【おまけ】シルバークロス(布)に向いていないジュエリー

最後に、シルバークロス(布)が向いていないジュエリーについて
お話ししておきます。

【シルバークロス(布)に向いていないジュエリー】

・多孔石(タコウセキ)の宝石がついているアクセサリー
〜多孔石(タコウセキ)というのは顕微鏡で見た時に沢山の孔(アナ)が空いている鉱物のことで、
具体的にはトルコ石やサンゴ、オパールなどのような宝石のことです。
このような宝石は研磨剤が宝石の中に染み込んでしまい、
宝石の質を悪化させてしまうので気をつけて下さい。

・凸凹が多いアクセサリー
〜シルバークロス(布)の性質上、あまり細かいところまでは磨くことができないので
凸凹が多いアクセサリーやチェーンの隙間などはキレイにするのは難しいのです。

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”] 凸凹が多いシルバーアクセサリーに関しては
こちらの記事も参考になさってみてくださいね。[/chat]

【プロが教える】ネックレスや指輪の黒ずみを重曹で落とす際のポイント3選!

ジュエリーのホームメンテナンスやホームクリーニングはこれだけ!?

ティファニーのシルバージュエリーの黒ずみはホームメンテナンスでピカピカにできる!?

今回のテーマ、100均のシルバー磨き用クロス(布)でプロ並みの仕上がり!?プロ直伝のシルバー磨き用クロス(布)の使い方 如何でしたでしょうか?

今後、動画などでも実際の様子をアップさせていきたいと思っていますので、
楽しみにお待ちになっていてください。

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]

実は、完璧に磨かれた時のシルバーの光の反射率は
限りなく100%に近く、
プラチナもホワイトゴールドも及ばないくらい美しい金属なのです。

是非、皆さんのお家のシルバーアクセサリーもしっかりと磨いて
その秘めたポテンシャルを発揮させてあげて下さいね(笑)[/chat] [jin-button-float visual=”float” hover=”” radius=”50px” color1=”#00B900″ color2=”#00B900″ url=”https://line.me/R/ti/p/%40njc9169y” target=”_blank”]LINE無料相談はコチラから[/jin-button-float]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)