ジュエリーのプレゼント

【2020年】和風アクセサリーやネックレスの種類やデザインのヒミツ

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=”maru”]こんにちは。最近はふりかけ作りにハマっている、ジュエリーコンシュルジュのNAO(@garland_style)です。[/chat]

 

今回は【2020年】和風アクセサリーやネックレスの種類やデザインのヒミツについてお話しします。
今年は東京オリンピックも開催されますし、近年では和食や和服、建築など、『和テイスト』なものや『メイドインジャパン』が世界的にも注目されていますね。
そんななか、もちろんアクセサリーも和風なものが注目され始めています。ですので今回は和風のアクセサリーやネックレスについての記事をまとめてみたいと思います。

 

和風アクセサリーやネックレスの種類

まずは、和風アクセサリーやネックレスにはどんな種類があるのか、ご紹介していきます。

ピアス

組み紐や水引きのようなモチーフをピアスパーツ先端につけているものが比較的多いですね。または折り紙で作ったような鶴や椿のお花などのモチーフがピアスの先端について揺れているものなどもあります。

[2col-box] [2-left bg_color=”#f7f7f7″]

和風アクセサリーのピアス①

[/2-left] [2-right bg_color=”#f7f7f7″]

和風アクセサリーのピアス②

[/2-right] [/2col-box]  

 

指輪

和風の指輪は、家紋や植物、龍などの銀製のハードなメンズモノが多いように感じます。最近では、マリッジリングに特化した日本のメーカーも増えてきて、特殊なテクスチャーの結婚指輪や婚約指輪専門のブランドもいろいろあります。

簪(かんざし)

実際のアンティークの銀製品の簪(かんざし)やトンボ玉が先端についているもの、また、ピアスのように折り紙の代表的なモチーフである鶴やお花などが揺れているデザインも多く出回っています。和服ではなく、デニムやスカジャンなど、比較的ハードな洋服にコーディネートしてギャップを楽しむのも素敵ですね。

 

ネックレス

どちらかというとメンズライクなデザインが多く、銀製品のハードなモチーフの彫金のアクセサリーがほとんどのようです。
他には勾玉やトンボ玉などカラフルでホッとするような可愛らしいネックレスなどもあります。

ブレスレット

パワーストーン系の数珠のようなブレスレットが、年齢、性別問わず人気です。ファッション性だけではなく、お守りとして複数着けている方も多いです。

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]以前のブログで和装のジュエリーや小物についても少し書いていましたので、興味のある方は是非、こちらも御覧ください。[/chat]

【プロおすすめ】世界のアンティークジュエリーや古代のジュエリーとは!?

 

では、引き続き【2020年】和風アクセサリーやネックレスの種類やデザインのヒミツをお送りします。

 

和風アクセサリーやネックレスのデザインのヒミツ

実は、和風アクセサリーやネックレスのデザインにはヒミツが隠されています。いったいどんなヒミツが隠されているのでしょうか?

ヴィトンのモノグラム

意外と知られていませんが、あの有名なヴィトンのモノグラムは日本の家紋からインスパイアされたものだそうです。ヴィトンといえばモノグラム、というように代名詞として大変有名なあのモチーフが、実は日本由来のものだったとは、とっても驚きですね!

水引き

水引きというのは、日本伝統のラッピング様式で、その結び方や色などによって意味や使用すべきシーンが変わってきますが、近年では、アクセサリーとしてもカラフルでポップなデザインがとても多く出回るようになってきました。

伝統文様

日本古来からの伝統文様も様々な種類があり、それぞれに意味合いを持ったものもあります。中でも市松模様は2020年東京オリンピックのマークやマスコットキャラクターにも使用され、注目を浴びています。

勾玉(マガタマ)

勾玉は日本歴代の天皇が受け継いできた三種の神器としても知られていますが、古来から魔除やお守りとしても使われてきたものです。現代ではパワーストーンなどで作ったものをファッションアイテムとしてネックレスにして身につける方が多いようです。

和風アクセサリーやネックレスのデザインのまとめ

[box03 title=”和風アクセサリーのデザイン、まとめ”]和風アクセサリーといっても、和風のモチーフを貴金属のジュエリーに落とし込んだものや、紙や紐などの和風な素材で作られたモノなど様々でした。

また、模様や色や形など、古来からの意味のある物や縁起物も多いので、プレゼントやお守りとして身につけるのも楽しいのではないかと思いました。

日本ブームはこれからもっと広がりを見せ、和風アクセサリーやネックレスもこれまで以上にバリエーションが広がってくると思われます。和のテイストが世界中にもっと取り入れられるようになると日本人の私たちとしても嬉しいですね!

今回様々な和風のアクセサリーやネックレスを見て、自分でも今後色んなデザイン活用してみたいなあ、と感じました。まだまだ、発展の可能性のある楽しみなジャンルですね。

[/box03]

【2020年】和風アクセサリーやネックレスの種類やデザインのヒミツ いかがでしたでしょうか?

[chat face=”無題.png” name=”NAO” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]こんな和風アクセサリーやネックレスが作れないかな?私の持っているアクセサリーを和風アクセサリーやネックレスにリメイクできないかななど、どんなご相談でも結構です。こちらまで、お気軽にご相談ください![/chat] [jin-button-float visual=”float” hover=”” radius=”50px” color1=”#00B900″ color2=”#00B900″ url=”https://line.me/R/ti/p/%40njc9169y” target=”_blank”]LINE無料相談はコチラから[/jin-button-float]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)